パプアニューギニアの島々と同行の旅人

 
画像

画像

朝海岸で昨日のボートレースのゴールした船を見に行く。
船の中には食料として積んであるバナナもありました
画像

画像

子供たちは元気に海で遊んでいる。フリチンが多い。
画像

モリで魚を狙ってついている子もいた

画像

画像

カソリックとプロテスタントの教会を見学
両方とも歌声が響いてなかなかいい雰囲気だった
画像

10:15 ボートでサマライ島に向かう

画像

ここはお爺さんが日本人だったと言う
KUSIMOTOさん経営のレストラン兼宿で昼食
画像

画像

庭には、色々な花や姫リンゴの木が・・・・
画像

そのあと19世紀に島を統治した
クリストファー・ロビンソンのモニュメント等を見学する
画像

KUSIMOTOさんとお別れして
画像

次に隣の島「クワヒウ島」に向かう

画像

画像

ここには土着信仰の精霊の家に似せた教会があった
画像

画像

鐘を鳴らすと皆が集まるらしいが普段は無人の教会だそうだ
画像

ここでズボンなどに付着したドロボウ草を取るのに
女性群が四苦八苦しているのを見て
島の子供たちがとるのを手伝ってくれたのだが
誰一人として見返りを要求する者がいないのに感心した

画像

さらに無人島「デカデカ島」に向かう・・・
綺麗な海と白い砂浜・・・・
画像

ここで1時間位海水浴を楽しんだ
水温は思ったより低く、見た目はとう浅の海ですが
海岸から少し沖に行くと突然砂が崩れ落ちて深くなっているところが多く
油断すると大変危険な海だと実感しました
妻には急遽”救命胴衣”を着用させて泳がせました。

画像

帰りの海は湾の中を出ると時化て波が高く
水着姿の我々は頭から波をかぶり寒くて震え上がってしまった

画像

それでも途中の部落に立ち寄り伝統のカヌーを見学しました
画像

画像

大勢乗り込んで夕やみ迫る海原で
力強くカヌーを漕ぐさまはまるで絵画を見ているようで美しく思えました。
画像


今回の旅の参加者は9名でしたが・・
並外れた個性の持ち主と大金持ちの皆様に圧倒されました

①「飼っていたいたペットが亡くなったので
 やっと旅が出来るようになった」という50代の女性・・・
5年間で80か国以上旅をしたと言う。それもビジネスクラスで・・・
又、お酒がめっぽう強い方で明るい方でした。

②8歳年下のご主人と結婚したと言う70代後半のご婦人・・・
 その時の条件が「好きな事をさせてくれること」だったそうです。
バブルの時代にご主人が大金を儲けて
財産を使い切れないとおっしゃっていましたが
旅が好きなので世界の国を回ってきて、
このパプア・ニューギニアは2回目だそうだ。
しかし、一般常識に欠けていて
「山本五十六?誰それ・死んだの?」等と各所で似たような言葉を連発・・・
又、とてつもない我儘な人で
「救命胴衣が汚いから代えてくれ」とか
「カレーは嫌いだから他の物をつくらせろ」等トンデモないクレームを連発
聞けばこの旅行社だけでも1億円以上もつぎ込んでいる・・そうな
でも、どこか憎めない方でした

③81歳のお爺さん・・・最初は面白い人だと思ったが時間がたつにつれ
 皆に嫌われ総スカン・・・とにかく食べ物に汚い・良く云えば貪欲
自分でバナナやオレンジを買っても他人に分けたりせず
食卓で一人でたべているし、ビュッフなどでは我先に大量に取り込む
又、いつも笛をぶら下げていてトンデモない時にピーと鳴らして見せたりする
露天では物々交換だと言い張り、
日本から持ってきた絵葉書などを見せるのだが
その絵葉書が「忠臣蔵の絵葉書」ときたひには私も驚いた

又、大昔旅先で購入したという中国の清の時代のような帽子をかぶり
今は見る事のない”インドネシアの冠状の輪”をかぶり
旅先で奇妙な頭で歩き回るのには閉口・・・
日本の烏帽子ならまだしも、なぜ妙な帽子をかぶるのか・・?
又、所構わず煙草を吸うので添乗員も困っていたようだった。
このお爺さんもビジネスクラスご利用者だ

④千葉で農場を経営していると言う男性・・・
 この人も酒が強かった。なにせ日本から焼酎などを持参
旅慣れているのは言うに及ばず、かなりの裕福さを言葉の端々で感じました
良く食べてお元気でしたが、ポートモレスビーで刺身を食べすぎたせいか
ゴロカではおとなしくなって・・途中で数回(大」の厠に入るのを目撃・・
どうやらハラをコワしてしまって・下痢で苦しんでいると推測・・・
ビュッフェ等では後から来る人のことなど考えず
品数が少なくても自分の欲しいだけ取ってくる・・この方もそんな風に感じました。
一見、品の好い人なのですが・・

⑤どこか斜に構えた60代のおっさん・・・
 何時も何かをしゃべっている。人が聞いていようがいまいがおかまいなし。
マイペースの人で、この人友達いるのかな?という感じ・・
自分の言った旅先の国の話、特にアフリカが多かったようですが
自慢したかったのかもしれません

いずれの皆様も大金持ちで世界中あらゆる所を旅なさっているようでした。
食欲旺盛で、自分本位、オシの強い方が多く
我々夫婦のような内気な貧乏人には夢のようなお話で圧倒されました。

画像


強者どもの彼女達の申されるには・・・
過去に色々の旅行会社を利用した中での印象を述べて曰く

特に「たびのデ△○ン社」や「●遊旅行社」のツアーに参加すると
「トンデモナイ変人や強者がいるよ」とおっしゃるのだが・・・
一体どんな方々なのでしょう?

私なんか今回の旅でお会いした方々にも充分驚いています・・

そうは申しましても
他人から見れば我々夫婦も変人として見られている可能性はありますが・・
画像

しかし怖いもの見たさ・・という事もありますので興味はあります(^^)/

しかし旅は面白い。人間が面白い!(^^)/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック