北海道の旅 秘密の温泉編

 温泉探検家のSさんと久々の再開後”回転寿司トリトン”で夕食・・・
今回も、ご厚意でぜひにと・・ご自宅に泊めて頂きました。
明日はとっておきの秘密の温泉がある場所に案内して下さって
ご一緒にキャンプして2泊することになりました。

 翌日から、秘湯の沸く数か所の温泉に同行しました
車を止めて歩いて山道を登ること15分・・・突然視界が開けて絶景です!
なんという風景!・・ワイルドそのもの!!!
又、そこにあるのは、真っ白な温泉・・・
自分たちで源泉を見つけ石組をして浴槽を造られたとか・・
「ここはまだあの”山田べにこさん”も知らない
仲間数名しか知らない場所です」と・・・おっしゃいましたが
正に本物の秘湯でした。
画像


話は変わりますが
以前、青森下北半島に「安倍城の湯」と言う知る人ぞ知る温泉がありました。
私も入りましたが、掘立小屋の中に木の小さな浴槽があり
とてつもない湯量の温泉が太いパイプからドウドウと流れ込んでいると言う
源泉かけ流しの見本みたいな温泉・・・当時は訪れる人も少なく
嬉しくなるようなところでした。

ところがどなたかがSNSに載せてしまってから人が殺到・・
入浴は順番待ち・車の長蛇の列・・マナーの悪い人もいたりして
苦情もあったのでしょう・・
とうとう持ち主が閉鎖して取り壊してしまいました
惜しいです!本当に惜しいです!

画像

そんなこともあって今回の場所は控えさせていただきました

途中で以前「べにこさん」の取材にも協力したことがあると言う
Sさんの友人、筋金入りの温泉マニアのAさんが合流・・・
見たところ「泉谷しげるさん」に似ていて
取っ付きの悪い無愛想でぶっきらぼうな口調・・・・

画像

ところが親切で優しいな方で、
我々が温泉に入りやすいようにと
早朝からバケツで水を汲んで運んで調節して下さったり・・
それも口に出すわけでなく、ただ黙々と・・高倉健さんのようなタイプで
男の中の男という感じの方でした。

今回はお二人からキャンプが楽しくなる色々な方法や
便利な道具のことなどたくさん教えて頂き感謝でいっぱいです。
本物のキャンパーのお話はためになることばかりでした。

帰り道では、坂で私の車がスタッグするといけないと・・
林道の悪路まで整備して頂き恐縮しました。
この2日間、ご一緒したキャンプ生活は心に残る出来事でした
心に残る二日間でしたがお二人に感謝するばかりです。(^^)/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック