愛知県 香恋(かれん)の里 下山の魅力

 ゴールデンウイークを 苦労しながら過ごされている男性の皆様・・・ お気持ちお察しいたします。 日頃「亭主元気で留守がいい」とうそぶいている 剛腕主婦の皆様も連休となれば気持ちが落ち着きません。 お隣は▲●へ行ったのに・・とか、ママ友もXXに行った・・と聞けば 自分もどこかに行きたくなるのでしょう。 「あなたも・・ゴロゴロ寝てないでどこか連れてって!!」 そんな時に良い場…

続きを読む

黒森鉱泉の現状

 山梨県に「黒森鉱泉」と言うところがあった。 興味があったので行ってみたが現在は休業中とのこと。 県道から車一台がやっと通れるような細い山道を入って 約7~8分・・普通の農家のようなところの一軒家・・ ここが「黒森鉱泉」だった。 お婆さんが一人「花豆」を干していた。 風呂場は五右衛門風呂だそうで 以前は予約を取らないと日帰り入浴も不可だったそうな。 鄙びた温泉も少なく…

続きを読む

五島列島の旅 長崎~福江島へ渡るNo.1

心配した天気も快晴で新幹線で博多駅に到着・・ そのあとバスで長崎へと移動しました。 今回のツアーは予想以上の参加者でナント41名・・・多いので驚きました。 バスに乗り込んで出発となったわけですが、 このバスのドライバー・正に”雲助運ちゃん”と呼ばれるのに ふさわしい?男でその不遜な態度に先行きが不安に・・ 女性添乗員が話しかけても無視、客が乗り込もうとしても 荷物置き場に腰を掛…

続きを読む

断捨離 初めての古着売却日記

 断捨離・・と言う言葉が最近よく聞こえてくる。 使いもしないものをいつまでも手元に置いておくのではなく 思い切って整理することらしいが・・ 古い人間にとっては、なかなか決心がつかない。 今回、つれあいの強引な説得に会い衣料の整理を始めた。 あるはあるは、一度も手をとしていない物も出てきてビックリ! 昔、おしゃれな通販で購入した思い出のジーンズシャツ・・ 海外の旅で着たシャツなど…

続きを読む

ユネスコ世界記憶遺産 山本作兵衛の「ヤマの記憶画と文」

 「ユネスコ世界記憶遺産」に登録された「山本作兵衛」氏の 炭坑絵巻を購入して読んでみました。 「炭坑(ヤマ)に生きる」の初版が欲しかったのですが・・・・ 中古本で¥15万円の値がついていて断念 今回は「ヤマの記憶」を購入しました。 これも楽天BOOK'sでは手に入りませんでしたが・・・ 素朴ながら、そこに暮らす人々の息遣いが感じられます。 懸命に生きる人間の・・・ 現在多くの…

続きを読む

ひとどりの子は、可愛いけど怖い顔をしていました。

洗濯物を干そうとしたら「タコアシ」に小ヒヨドリ?が止まっていました。 傍によっても逃げません。 居心地がよさそうです。 良く見ると結構キツイ顔をしています。 私のごく近くにも居ますが・・・コワイ顔をしたXXが・・・)^o^( オラを睨んでのことでしょうか??怖い顔の共通点は???

続きを読む

幻の焼酎 「森 伊蔵 」と誕生日

   11月は、「狂楽」こと・・私の誕生月なのですが 毎年、誰かがプレゼントをくれます。 身内からの限られたプレゼントですが 心がこもっている物をもらうと嬉しいものです。 孫娘は、自分たちでjケーキを焼き持ってきました。 また、切り絵を作ってカードにしてもらいました。 2人とも「大学に入ったらおじいちゃんと旅に行きたい」と 行ってくれますがこれは、一番の殺し文句ですね! 上…

続きを読む

古城 ハーモニカ演奏

私たちのグループ「あきらとマドンナ」は、 数年前、東山タワーに「ブラックボックス」さんの 演奏を聴きに行った時いろいろと親切にしていただいたのが 御縁で何かと引き立てていただいています。 今回、お誘いいただき未熟ながら東山植物園で ご一緒に舞台に立たせていただきました。 あいにくの天候でしたが楽しいひとときを過ごし またいろいろアドバイスもいただき勉強させていただきました…

続きを読む

長岡花火2011.8.2

大雨で心配されたが、今年も無事開催されて本当に良かった。 スタッフの皆様の努力がいかほどのものであったか・・・ 水が引いたドロドロの河川敷に石灰をまき、砂利を入れて 足をとられないように快適にしてあったのには頭が下がった。 花火は、普通のスターマインを一度に数発も重ねて 打ち上げる大変豪華で美しいものでした。 また、橋にしかけられた「ナイアガラ」と名つけられた花火や 正3…

続きを読む

江戸時代に「スカイツリー」予言の浮世絵が・・・

  私の好きな江戸時代の、浮世絵師”歌川国芳」・・・ 遊び心溢れるその浮世絵は、私の心を捉え・・・個人的にも 大枚をはたいて「讃岐院眷属をして為朝をすくふ」図(複製)を 購入したくらいです。 その国芳が1831年に「東京スカイツリー」の絵を現在と同じ場所に 版画で残しております。 これは、天保年間初期の作品”東都○○の図」シリーズの中の 「東都三ツ股の図」で確認出来ます。 (…

続きを読む