テーマ:雲南省

建水の街と「金持ちになりそうな珍しい漢字」

建水の町の歴史は古く北京の天安門より古い城門がある。 街にはまだ馬車の姿を見ることができる。 気候も温暖で人々も穏やかなイメージを受けました。 旧市街をあるいていると音もなく近づく電動スクーターの多さに驚いた。 ここで珍しい看板の店を見つけた。 金金金と3つも金が重なった文字・・・「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲南の人々の暮らしの風景

村を歩くとネコがいました。犬もあひるもいますが不審者の番には役立ちます  とうもろこしの干したものが良く目につきました。 代表的な民家です。 干し肉が・・・・ 民家の屋根・・・瓦がふいてあります。 子供たちは、元気ですがライターで木に火をつけて遊んでいました。 火事が心配です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘境雲南の町 新街鎮の市場の風景

雲南 菁口村ハニ族の村を訪ねました。 昼食にでた鶏料理・・・ もちろん、頭・脚もそのまま・・・ コラーゲンたっぷりで美味しいです!(^^)! 子供たちは、入れ物の中にゆで卵を入れて売っています。 聞くと1個(1.5元=¥21)、やや高いような気がしましたが観光客相手だからでしょう。 道端の店屋で水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲南 菁口村周辺の棚田の風景

 元陽に入るには、日本から2日がかりだ。 まず上海に入り国内線に乗り換え昆明へ飛び そこから車で10時間はかかるからです。 今回は羅平~弥勒を経由して元陽に入りました。 途中「開遠」で昼食・・・ あひるが干してありました。○Xダックになるのでしょうネ! 元陽の新街鎮を通過して山道を登って行きます。 山ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲南省 ② 石林風景と羅平の菜の花

   イ族が暮らす石林は、昆明から東に100kmのところに位置します。 周辺は整備され美しい公園風になっています。 バスを降りて電気カートに乗り換えて石林風景区に向かいます。 もちろん徒歩でも行けますがかなりの距離があります。 古生代後期の地殻変動により海が隆起して 石灰質の岩が地表に露出して風雨にさらされ 奇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲南省の旅 菜の花・棚田を訪ねて エピローグ

中国の雲南省は中国人にとっても秘境のイメージで旅行の好きな人には憧れの地区と言う。 険しい山に囲まれ容易には行けないところだからだろう。 今回、羅平の菜の花畑と世界一美しい元陽の棚田を見に行った。 ここのところBS各局も雲南省の旅を取り上げることが多い。 日本から上海まで利用した中国東方航空はやや座席が狭いものの清潔な機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more