テーマ:南インド

南インドNo.6 コチン

 バックウオータークルーズ船はコチンで下船。 船旅でゆっくり出来て疲れていた体も大分回復しました。 ビールを飲んで、みかんやカスカスのまず~いリンゴを食べて 胃袋や庁もも落ち着いたようです。  インド有数の貿易港として栄えたコチンは 1498年にヴァスコダ・ガマが来航・・ 漁港では「チャイニーズ・フッシング・ネット」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドNO.5 ケララ州 バックウオータークルーズ

 南インドケララ州は、スパイスが豊富なことで 知られているが、昔スパイスの輸送手段として 舟が使われていました。 今、そのスパイスの取れる水郷地帯を行く ハウスボートと呼ばていいる船がそうなのです。 今回乗船したのは1泊2日・・・3部屋の船でした。 インドのバスの乗り心地ときたら・・・ 痔が暴れださないのが奇跡のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドNo.4 コモリン岬の朝日

 実は昨日の夕日を見た後、トゥクトゥクに乗って ホテルの途中まで来ました。 この小さくてけたたましい騒音を立てて走る乗り物は 昭和30年後半のダイハツミゼットを思い出させます。 下痢で疲労困憊の身としてはトゥクトゥクは 豪華なリムジンに見えました。・・・ と申しましてもこれに6人も詰め込まれて・・・ 運賃は日本円で¥1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドの旅No.3 ポンガル祭とインド最南端コモリン岬

 ポンガル祭とは毎年1月中旬、3日間に渡り、 天の恵みに感謝する南インドのお祭りで  大陸南東部ではポンガル、西のカルナータカ州では マカラ・サンクラ-ンティと呼ばれています。 日頃役に立ってくれている牛などの動物達を洗い清め、 マリーゴールドのレイを首や角に飾り付けて、 ペイントしているのは感謝の気持ちを表しているそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドの旅No.2チェンナイ~マドゥライへ

 インドのホテルでは水が1本ずつサービスになっていますが 今日は何という事でしょう・・・昨日の枕銭(チップ)が効いたのか こんなに大量の水がサービスされました。 なんで???  使い切れませんでしたが/笑 チェンナイ市内「セパレーシュワラ寺院」を訪問・・ 残念ながらポンガル祭準備の為外壁の補修中で工事用の足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドの旅 ケーララとドラヴィタ文化

 10年ぶりにインドを訪ねる旅に出ました。 今回は、南インド方面でチェンナイでポンガル祭を見て インドの一番南先端のコモリン岬も訪問 バックウオータークルーズで船で一泊 コチンでは、世界3大舞踏カタカリダンスを見てデリーから帰国 このような日程で旅をしました。 インド訪問に際しは、査証を取り成田発のエア・インディァを 利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more