テーマ:世界遺産

新しい姫路城をみる

 白鷺城と呼ばれる姫路城を訪れました 約5年かけて行われた平成の大修理・・・一部は未だ進行中です 特徴は「漆喰壁」です。これは火災から城を守るためだそうです 駐車場から歩いて10分・・ようやく菱の門に到着・・・ ここから本丸まで更に15分位歩かなくてはいけません 近くに見えるけれど広い敷地にビックリ!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドの旅No.2チェンナイ~マドゥライへ

 インドのホテルでは水が1本ずつサービスになっていますが 今日は何という事でしょう・・・昨日の枕銭(チップ)が効いたのか こんなに大量の水がサービスされました。 なんで???  使い切れませんでしたが/笑 チェンナイ市内「セパレーシュワラ寺院」を訪問・・ 残念ながらポンガル祭準備の為外壁の補修中で工事用の足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南インドの旅 ケーララとドラヴィタ文化

 10年ぶりにインドを訪ねる旅に出ました。 今回は、南インド方面でチェンナイでポンガル祭を見て インドの一番南先端のコモリン岬も訪問 バックウオータークルーズで船で一泊 コチンでは、世界3大舞踏カタカリダンスを見てデリーから帰国 このような日程で旅をしました。 インド訪問に際しは、査証を取り成田発のエア・インディァを 利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡製糸場(世界遺産)

 前から気になっていた「富岡製糸場」を見学する 機会があり行ってきました。 伊香保温泉に泊まり水沢観音にお参りして工場を見学しました。 明治4年に建設着工され同5年に操業を開始・・ 指導者としてフランス人のP・ブリュナ他30人ほどの技術者を 招き製糸技術の指導が行われました。 当初は若い女性工員が集まらなかったそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリランカ世界遺産紀行NO.4 佛歯寺見学

   仏教徒のシンハラ人にとって、ブッダの歯を安置する仏歯寺は 正に聖地であり民族の象徴でもあります。 キャンディ湖のほとりにあるこの寺は大変な賑わいでした。 ペラヘラ祭りの象がこの周辺にたくさんいて世話をする方も 大変だろうなと思いました。 ペラヘラ祭りで象の背中に乗せられた仏歯の入った仏舎利が キャンディの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリランカ世界遺産紀行No.2 シーギリヤ・ロック

 スリランカは九州より少し大きい国で人口約2100万人・・・ その国土の中央に「シーギリヤ」はあります。 赤渇職色の岩肌は高さ200m強・・ほとんど垂直に立っています。 この大きな岩の上に華麗な王宮を造った王様(カーシャバ)がいました。 このカーシャバには腹違いの弟がいて、抗争の報復を恐れて この岩山の上に宮殿を造ったそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリランカ世界遺産紀行 No.1アヌラーダブラ遺跡

 以前から行きたいと思っていた、「シーギリヤ」と「ペラハラ祭り」に ようやく旅することが出来ました。 人生・・長いようで短いもの・・ 70歳を過ぎると”、明日、又、次、”は無いものと考えます。 つまらない見栄やしがらみに縛られているのが アホらしくなってきた今日この頃です。 心のガラクタを処分して自分の思うように過ごしたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アドリア海の真珠「ドブロヴニク」を歩く

 朝、小雨が降っていた。ホテルを出て海岸を散策する。 9時に観光に出発する頃には、雨も上がってきた。 まずバスで「スルジ山」の中腹の展望地点へ登る。 あいにくの曇りだが旧市街が見える。 本当の絶景ポイントは、さらに上にあるはずなのだが、ここでお茶を濁された感じだ。 街へ引き返し城壁の中の旧市街の散策となった。 ピレ門から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア「トロギールとスプリット」世界遺産の街

  一時は、内戦で混乱したクロアチアも今は、平和を保っているが 銃弾の後のある建物などその爪あとは残っている。 トロギール島に移動する途中に立ち寄った休憩所はから見た景色も なかなかの物だった。 トロギール手前の建物は、洗濯物のオンパレード・・ ナゼ? パンティばかり干してあるのか分からない?? それも「白」ばかり・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア「ザグレブ」から「プリトヴィッエ湖畔公園」へ・・

[ザグレブ]はグラデツとカプトルと言う中世以来の町並みと 美術館・国立劇場など有する文化の香り高い都市です。  クロアチア国立劇場・・1894年に建設黄色の外観が美しいですね。  国立劇場の”屋根の上の装飾” 現地ガイドは、少し足が不自由な方でしたが大変温和な方でした。 分からないところは、何度も発音して教えてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more