テーマ:温泉

北海道の旅で入浴した温泉(2017.夏)

ピンシネリ温泉・・・含塩土重層泉 音威子府駅から車で30分北上したところにあります。 道の駅の前だからすぐわかります あまり期待していなかったのですが入って見てビックリ! かけ流しの湯は少しつるつるして大変気持ちの良い湯でした 又、ご主人も気さくな方で気分的に和みました 宿泊代も安価でリラックスできる温泉だと思います …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘湯 奥奥八九郎温泉の現在(2017.7)

 温泉ファンなら一度は聞いたことのある「奥奥八九郎」・・ 秋田県の小坂町にあります 一度は行ってみたいと思っていましたが今回訪れることが出来ました。 道路は未舗装ですが走行には問題ありませんでした 林道を走って行くと道路の右側にいきなり現れました 左側は道路を挟み川に面して車2台分位の駐車スペースがあります えっ?こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の温泉事情 あれこれ/其の1

 温泉宿の経営は難しいものがあるらしい・・・ 今回の旅でSさんから聞いた話では多くの温泉が廃業・・・ 昔、訪れた今は失き温泉の名前を聞くと寂しく思いました。 Sさんとの出会いのきっかけとなった 岩間温泉は先年の風水害の影響で 流され破壊され跡形も無くなってしまいました ニセコの薬師温泉は廃業・・ 糞壺のような露天風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の旅 秘密の温泉編

 温泉探検家のSさんと久々の再開後”回転寿司トリトン”で夕食・・・ 今回も、ご厚意でぜひにと・・ご自宅に泊めて頂きました。 明日はとっておきの秘密の温泉がある場所に案内して下さって ご一緒にキャンプして2泊することになりました。  翌日から、秘湯の沸く数か所の温泉に同行しました 車を止めて歩いて山道を登ること15分・・・突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒森鉱泉の現状

 山梨県に「黒森鉱泉」と言うところがあった。 興味があったので行ってみたが現在は休業中とのこと。 県道から車一台がやっと通れるような細い山道を入って 約7~8分・・普通の農家のようなところの一軒家・・ ここが「黒森鉱泉」だった。 お婆さんが一人「花豆」を干していた。 風呂場は五右衛門風呂だそうで 以前は予約を取らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増冨ラジウム温泉紀行 No.2 近辺の風景 ウグイスと喧嘩?

 金泉閣の玄関を出て右に曲がると緩やかな坂道となります。 その道を歩いて行くと老舗旅館「津金楼」があります。 そこからさらに登ってゆくと小さな沢があり 「土石流注意」の立札があった。 そばに閉鎖された小さな旅館があって そこから川に流れ出ている温泉が石灰華状のように 落ち葉と一体になって固まっています。 昼食を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増冨ラジウム温泉紀行 癌に効く奇跡の湯?リピーター率90%?

 ここのところ多忙でしたので妻の膝のリハビリを兼ねて湯冶に出かけました。 名古屋から250km離れた山梨県「増冨ラジウム温泉」です。 日本3大ラジウム温泉といえば、 玉川温泉・三朝温泉・増冨ラジウム温泉ですが 他の2か所は行ったことがありますが、ここは初めて訪れた温泉地です。 須玉I・Cを降りて15分くらい走ると「みずがき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉探訪独断偏見記(北海道)

 秘湯・温泉に興味を持ったのは、 故美坂哲男氏の本を見てからだと思います。 最初に選んだのは、長野県安曇野の 「中房温泉」でした。ひなびた温泉で噂の通りの 温浴温泉のデパートのようでした。 見知らぬオバサマ様に、温泉で抱き付かれ 写真に納まったのも懐かしい思い出となりました。 あれから20年・・・温泉宿も変わりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道温泉と素晴らしき出会いの旅・コタン温泉のOさん編

 鶴居CAを出て美幌峠を目指す。 自宅から530Km走行で給油(¥137/L・・39L) 燃費は、リッターあたり13.6Kmでていた。 屈斜路湖の近くは、温泉が多く・・砂湯に足を入れてみた 少し掘るだけで熱いお湯が出てくる。池の湯などもある。 和琴の露天風呂は、観光客のマナーが悪く不快な思いが甦る。 この湖のハズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道・・温泉と出会いの旅/ドイツ人K嬢編

ここのキャンプ場は、虫が多く めったに現れないごちそうに群れを成して襲いかかってくる。 蚊取り線香をたいても、あまり効果はない。 電子式のものを近づけても避けはするが落ちない。 結局たっぷり血を吸われる羽目になった。 ドイツ人K嬢は、北海道の農場で働いていたのだが 1週間の休みをもらい自転車の旅に出て この静内に3日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

混浴温泉の旅(青森・秋田/北九州編)・・慣れほど怖いものはない

 混浴と聞くとすぐ「スケベ」とか「いやらしい」とか、 お感じ方をなさる人が多いのですが・・ それは、本当の温泉愛好家ではありません。 「悟りを開いた坊主でさえも、木魚の割れ目で思い出す・・・」 煩悩多き「善人」・「悪人」・・・の皆々様がた・・・ かの、「植草先生」だって「手鏡等」お持ちにならなくても 温泉に行けば気分もリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

混浴温泉の旅(北海道編その1)

 良く「何処の温泉が良いの?」と聞かれることが 多々有りますがその答えはありません。 「どこかいい男(女)おらんね?」と同じです。 なぜなら各個人によって価値観が違うからです。 あなたの彼女、彼氏、奥さん、亭主、愛人・ ホモだち・レズだちと同じですよね。 顔・身長の容姿から資産の有無・学歴・ 夜、横になってからの変身ぶり等…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

もう一度行ってみたい温泉宿

 高い金を払ってサービスが良いのは当たり前、 TVや雑誌で紹介される人気上位?の宿で 私が行って満足できたためしがない。 特に不快だったのが静岡県INATR温泉GN荘・・・ 群馬県GR温泉YN館・・・など等・・ ツアーで行ったのが悪いのか、 個人で申し込んだので甘くみられたのか?  俺がビンボウ人そのものに見えたのか(…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more