開善寺の花・天竜下り・花桃の里

 開善寺は、信濃の国の名族である小笠原家の菩提寺です。
画像

山門は重要文化財となっています
画像

画像

中に入ると右手に藤棚が・・・
御朱印帖も書いてもらえますが¥500です。
画像

庭園も美しく牡丹・つつじ等色々な花が咲いていました
画像

門を出ると地元のご婦人が草餅や野菜を売っていました
過去に、このような場所を
無事に通過することなど決してありませんでしたが
悪い予感が当たり
”つれあい”は早速自分の胃袋に草餅を押し込みました
一口お相伴にあずかりました美味しかったです
画像

裏には市松模様にしたてたちしゃ等の野菜畑が・・

画像

ここから少し走ると「天竜峡ライン下り」の乗り場があります。
画像

舟はエンジン付きで”舳と船尾”に船頭がひとりづつ・・
そしてガイドのおばちゃんが乗船します
画像

岩の説明やら歌やら・・・船頭の投網などもあります
川の途中には船の売店があり
船頭さんが売り子に早変わり・・
水・お茶など市価の2倍程度で販売しています

画像

i無人駅で有名な飯田線の電車が頭上を通過・・・
出発地点と到着地点には
画像

川幅いっぱいのこいのぼりが泳いでいました
又、間もなく完成する天竜峡大橋を真下から見る事も出来ます
これはリニア新幹線が出来る為新しい道路になるようです。
画像

船を下りて飯田線の無人駅 唐傘「」を散策・・・

そのあと食事も為「COCORO FARM VILLAGE」へ移動・・
画像

大変おしゃれなレストランでした。
サラダバーには多くの種類の地元の野菜が置いてあり
あれこれとって食べていたらお腹がいっぱいになり
メインの肉を残す羽目に・・・
貧乏人の悪いところが出てしまいました

画像

あと旧小笠原家書院(重文)を見学
ガイド役の89歳のご老人がとても説明上手で楽しめました
何でも著書もありアマゾンではプレミアムが付いた価格になっているとか・・

画像

敷地にはルーブル美術館別館などの設計を手掛けた
「妹島和世さん」設計の建物が資料館となっています。
出来た当初、前面ガラス張りのカーブ壁面は
大変珍しいものだったそうです

画像

このあと日本一と言われる月川の花桃の里に行きました
画像

見どころは過ぎていましたがそれでも大勢の人で賑わっていました
個人的な感想ですが・・何か今一つ物足りない印象でした
期待が大きすぎたのかもしれませんが・・
画像

今回の”南信州観光公社”の旅・
食事・見学場所・案内人・・ホテル・・満足でした。

又、興味のある企画があれば参加したいと思いました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック