車中泊の旅2017年夏 東北編-2 久慈~龍泉洞旅行村

 
画像


普代水門を訪れました
「2度あったことは3度あってはならない」
この文字が目につきました
画像

昭和22年から普代村の村長を務めた故・和村幸得さんは
昭和8年の三陸大津波を経験し、防災対策に力を入れた村長だったそうです。
画像

村では明治29年の大津波以降甚大な被害を経験し
和村さんは「悲劇を繰り返してはならない」と
防潮堤と水門の建設計画を進め
昭和43年、漁港と集落の間に防潮堤を、
59年には普代川に水門を完成させました。
人口約3千人の村には約36億円の巨額の出費は大問題で
建設前には「高さを抑えよう」という意見もあったそうですが
だが、和村さんは15・5メートルという高さにこだわりました。
明治の大津波の高さが15メートルだったと
村で言い伝えがあったからだ!と
和村さんは反対する県や村議を粘り強く説得し、建設にこぎつけました。
当時の判断が今回の津波から村民の命を守ってくれた、と
村民みんなが感謝していると言うことです
津波は堤防を越えたのですが最小限の被害で済んだそうです
立派な政治家とはこの和村さんのような人を言うのだと思います!

画像


画像

黒崎灯台の手前には「北緯40度のシンボル塔」が建っていて
人が動くと塔についている球も回るようになっています。
画像

黒崎灯台はハマナスの花が咲く小道を入って所にあります。
ハマナスの実は段々色ずいて赤くなります
画像

画像

画像

今や全国にある「この鐘を鳴らすと幸せに!」・・・
人間弱いものでツイ紐を引っ張ってしまいますネ!
この周辺には「黒崎キャンプ場」がありますが
ここはテントの設営が義務付けられていて車中泊は禁止です
ロケーションの良いところにあって利用料金も安価です。

画像

北山崎展望台へ行きました
遊歩道も整備され太平洋の荒波の絶景が見渡されます

画像

ここの「松乃屋」さんでうに丼(¥2200)を食べました
ツーリングマっプルにも掲載されているお薦めの店です
何を気に入ってくださったのか
おかみさんが帰りにサービスでメカブを下さいました(^^)/
又、訪れたいお店です。

又、観光案内所もあってここで”机浜サッパ船クルーズ”を
予約してもらいました。職員は親切な御嬢さんでした
画像


机浜にあり番屋は津波で流され全滅しましたが
今では新しく建て直した番屋群がありました
ここの乗り場からサッパ船がでます
画像

船頭さんが面白可笑しく風景の説明をしてくれるので
退屈しません。船は北山崎付近まで行って引き返しました

画像

更に田野畑の震災遺構を見学・・・
画像

今更ながら津波の恐ろしさを実感しました

画像

名所「鵜の巣断崖」を観光しましたが
やや曇り空だったのが残念でした

画像
画像

次に龍泉洞観光ホテルにある「龍泉洞温泉」に入浴(単純泉)
入浴料は¥500で清潔・フロントも好感度抜群でした

今夜の宿泊地「龍泉洞青少年旅行村」に到着
明日は龍泉洞の鍾乳洞を見学・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック