北海道温泉と素晴らしき出会いの旅・コタン温泉のOさん編

 鶴居CAを出て美幌峠を目指す。
自宅から530Km走行で給油(¥137/L・・39L)
燃費は、リッターあたり13.6Kmでていた。
画像

屈斜路湖の近くは、温泉が多く・・砂湯に足を入れてみた
少し掘るだけで熱いお湯が出てくる。池の湯などもある。
和琴の露天風呂は、観光客のマナーが悪く不快な思いが甦る。

画像

この湖のハズレに「コタン温泉」があり名物オヤジが頑張っている。
無料なのだが以前立ち寄ったときに比べ綺麗に整備されてはいたが
親父(Oさん)の毒舌は、一段とひどくなっていた。

丁度、自分が彫ったという”ふくろうの木笛”を見せながら
それが、いかに素晴らしい音か・・のたまうのであった。(^^♪

以前、オカリナの第一人者の宗次郎氏が2度ほど立ち寄られたらしいが、
ご本人を前に「お前のオカリナは、お前が作ったのじゃない
焼いただけだ。それにお前の音が硬くて3曲も聴けば耳が痛くなってくる。
それに比べたらオレのこの木笛は・・・」等と言いたい放題
「それ以来、宗次郎は、モウ来なくなった・・あははは」・と・・(^^♪笑

ちなみにふくろうの木笛の値段は、1万8千円だという。汗

わたし???彼の演奏を聴きましたが「買いませんでした・・・」ははは!

さらに、返す刀で同じアイヌ人の事を批判たらたら・・滅多切り
又、「最近の観光客のマナーの悪さは、特筆もので
断りもなしにオレの写真を撮るし、しらぬ人が入浴していても
デジカメでバチバチ写真を撮りやがる!全く困ったもんだ!!
親の教育も悪い!・・世も末だと・・」(*^^)vこれは、ゴモットモ!!
批判と自説の正当性を口角泡を飛ばすがごとく・・
政治・経済とオハナシは、止まることを知らない・・・
何とか、話打ち切って逃げ出した?のだが・・(*^^)v

別れ際に「今日は、景色がいいと思うので
美幌峠に行くより津別峠に行け」との意見に従い
数年前は、霧で景色が見えなかった津別峠に
行き先を変更した。
画像

津別峠からは、阿寒岳方面は、良く見えたが屈斜路湖方面は
雲がかかり展望は出来なかった。
しかし、売店のオバサンの情報で「くりん草の群落地」があると
聞きそちらに向かう。
以前利用したキャンプ場の近くなので場合によっては
宿泊してもいいかナ・・と考えたのだ。
画像

くりん草は、さかりを少し過ぎてはいたが見ることができた。
丁度、町のPR用VTRの撮影が行われていたが
広報の担当者の話では、東京で紹介されるらしい。
画像

キヤンプ場は、ホテルの経営者が変わり閉鎖されていたので
急拠・・・網走に向かう。

画像

      「網走観光ホテルの露天風呂」
何時来ても気持ちの良い応対と清潔な温泉に満足する。
画像

夕方の網走湖・・・・夕暮れが美しい・・・蚊は多いが・・・

 何度か旅をするたびに気に入った店や知人が増えてくるのが嬉しいもので!(^^)!
"網走市つくしヶ丘"にある・・そばや「しば乃家」さんも其の一つです。

3年前清里町にある「来運公園」と言う名に引かれ行った時のこと。
斜里岳の名水の沸く・・ところだったのですが、
ここで、ある役所の方と出会いお話をするうちに
網走の「しば乃家」さんを紹介されたのでした。

北海道新聞の本「名店100店」にも載っているこだわりのお店だったのです。
ソバは。清里のボタン種1種類・と”玄そばは、自家製”
これらを混ぜて手打ちにしているそうです。
名物は、秋の”牡蠣そば(11-3月限定)”とかに天そば。・・・
画像


ご主人は、以前立ち寄った際に一見の客のわたしたちに
珍しい「たまき茸のテンプラ」をサービスしてくださったのですが、
今回も、再度の来店を喜んで下さって
帰り際に自家製の珍味の数々を持たせて下さったのです。!(^^)!

キップの良いご主人で、働いている女性も明るく笑顔が絶えません。
お店もひっきりなしのお客さんで、相席の方に聞くと
かなり遠くからの常連さんでした。
皆様も機会がありましたらお立ち寄りください(^^♪

画像

網走の国道244号沿いに、(橋をわたりますが)
本物?の網走刑務所があります。

中は、少しだけ見学でき外には、刑務所の製品の売店が
あります。市価の3/1くらいの値段で色々売っています。
人気の商品は、”監獄前掛け”です(*^^)v
画像

画像

正面の門は、歴史ある門のようでした。

画像

サロマ湖を一望するには、幌岩山展望台が一番です。
砂利の細い道を走り標高376mまで上がります。
天気も良くサロマ湖が良く見えました。
花を見ながらワッカの泉までのサイクリングもなかなか楽しいものです

画像

 オホーツクに面した町”上湧別”の公共の建物は、
どれも驚くほど立派なものばかりでした。

画像

この「チューリップの湯」も炭酸水素泉でいい温泉でしたが
建物の内装も立派で感心するばかり・・・。
オートキャンプ場も1500円で利用できる立派なところもありましたが
貧乏旅の私達は、道の駅で宿泊したのでアリマス!(#^.^#)

画像

夕方、妻がハーモニカを練習していると・・
一人の男性がやって来て「自分は、トランペットを長年吹いてきて
近年ハーモニカにも挑戦しようと思い教本を購入したが
手付かずになっている。
モゥ、ハーモニカは、断念したので良かったら新品の
CD付教本をタダでもらってくれないか?」との言葉・・・
恐れお多いのでお断りしたのですが・・・
実物を自宅に戻り取ってきて、
「ハーモニカを吹く人に生かしてもらえらた・・」と・・・(*^^)v

色々お話をしているうちに鉄工所を経営なさっている方で
遠距離ウオーキングに挑戦なさっていることも知りました。
他意のない方で澄んだ目を見ていても、人間的に良い方だと思い
遠慮なく教材セットをいただいた次第です。

更に翌日、又お越しになり
新品の「ホーナー社のクロマチックハーモニカ」と
業界では有名な大石先生や森本先生の演奏CDを5枚下さったのですが・・・
さすがに無料とは、あまりにも心苦しく・・・頑なに辞退されましたが
僅かですが無理やり志しを差し上げました。
又、近郊の名所などを教えていただき親切にしていただき
感謝!感謝!!!(^^)!

旅をしていると色々な事があるものですね。(^^♪

画像

又、偶然、私の隣に駐車された「Kさんご夫婦」は、
画家で北海道をスケッチ旅行されている途中とのこと・・・

画像

お酒の好きな方でしたが、ご自身の作品の絵葉書をいただき

個展を10/30-11/7迄、静岡県の富士川楽座4Fギャラリーで
開催される由、・・・「私も是非お伺いしますから」と
お約束をしました。

ここでは、「木楽座」と銘うった軽トラックをご自身が
見事なキャンピングカーに改造された
三重のTさんご夫妻ともお話して楽しい思い出が出来ました。

なお、ハーモニカを下さったYさんに
「上湧別は、よっぽど財政の豊かな町なんですねぇ」(*^^)vと
申し上げたところ「とんでもない!!我々一般人はキューキュー
していますよ・・(*^^)v」と・・・笑
いたるところで立派な施設を見ましたが・・・
箱物行政は、地域上・・やむを得ないところもあるかも知れませんね!


地元の人に薦められて「遠軽」の太陽の丘に行ってみました。
秋には、コスモスが広い敷地を埋め尽くす風景が有名です。
画像

園内にはシャクヤクの花畑もありました。
ピンク・白・赤・・色々な色がありました。

行きたかった「見晴らし牧場」は、口蹄疫予防の関係で通行止め・・
画像

瞰望岩にも登ってみました。
画像


画像

瞰望岩の下は、公園で「SL」が置いてあります
北海道には、いたるところにSLが置いてあります。
手入れの行き届いたところ・・錆だらけのところ・・
SLを目当てに、来る人は、あまりいないようです

画像

画像

サロマ湖のオホーツクに面した先端「三里浜」にもいきましたが
キャンプ場は、まだ開いていませんでした。

画像

画像

ホタテの加工所や漁港を見学・・・
途中「紋別」で給油しましたが・・・北海道で一番安い単価(L/¥126)でした。
普通は、道内どこでも¥140前後です。

画像

雨が降ったり・・やんだり・・早めにキャンプ場に向かい歌登温泉で入浴・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック