イースター島「見慣れないモアイ像の写真紹介」何処か寂しい島を訪ねて

 「モアイ」に魅せられし私の夢の島・・・イースター島(人口5000人)
画像

昭和の初期・・イースター島が日本の領土になったかも知れなかった等
ご存知ですか?当時のチレ政府がアメリカに対抗して日本に接近・・・
そんな話もあったのだそうです(詳しくは現地でお聞き下さい)
画像


先日、TVの「ポカポカ地球家族」を見ていたらイースター島でお世話になった
最上さんご夫妻が取り上げられていました。私は、オークランド~タヒチ~
ラロトンガ島~イースター島のコースで入りましたが時差がめまぐるしく変化
するので何が何だか・・時差ボケ等どこかへ行ってしまいました。
タヒチから5時間ランチレ航空で午前中にイースターに到着・
黄色い花のレイをかけてくれる出迎えを受けます。
画像

抜けるような青空は、気分が高揚して旅の疲れ等感じません。
ツアーでは、各社大体同じコース(成田(関空)タヒチ~イースター)で8日間
のようです。島の観光も最上さんが唯一人の日本人ガイドですのでまず
お世話になるものと思われます。
画像

島の見所は、モアイの他、カリカリダンスはぜひご覧いただきたいと思います。
現地のダンサーの優雅で迫力ある踊りは一見の価値があります。
特に男性のダンスが素晴らしいです。
画像


お土産は、木彫りなどやモアイの形をしたビンに入ったお酒(これは他では
手に入りません)作っているのはチレ本土ですが・・・ビンが記念になります
画像

モアイは、思ったより大きくは感じませんでした。又、倒されている物が
多いと言う事は、知りませんでした。しかしなんといっても空気のおいしさと
海の碧さ・・風の音・・・雑音の少ない世界・・・ほっとします。
画像
朝早く港を訪ねて漁の船が帰ってくるのを待っていると漁師さんがキンメに
似た魚をくれました。ホテルに持ち帰ったら、最上さんの奥様が刺身に
してくださり思いがけないハプニングで同宿の人も大喜びでした。
画像

島には、ヒルトンもホリデイインもなく家族的な現地のホテルのみ・・
なんだか落ち着きます。
画像

島の果物は、誰が取っても良く貧しいけれど精神的には豊かな感じ・・
チレ政府が島の経済振興の為に鶏を提供して卵を産ませて・・・と
実行したら卵を生む前に、鶏肉にして食べてしまった・・・との話
笑ってしまいました。ノンビリしています。
画像

いつも不思議に思うこと・・・なぜ、カタカナ表記は現地の発音と違うのか?
アルゼンチン→ アルヘンチーナ。 チリ→ チレ。キューバ→ クバ
中国→ チョンクヲ。カナダ→キャナダの方がまだ正しいとおもうのだが・・
画像


イースター島・・・何時までも・・謎のまま・・このままで・・残って欲しい
そんな思いで3日間の滞在を終わりました。
画像

どこか、寂しいイースター島・・・再訪を夢見て・・・
画像

画像

                       アディオス・・イースター島



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

http://www.fetang.com/
2013年08月05日 10:37
今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック